健康食品にも2種類あった!その分類と違いとは?

SAWA_ebisarada_TP_V

 

健康食品には大きく分けて2種類のものがあります。

国の定める基準を満たしており特定の機能表示を許可されている保健機能食品と、
それらの表示が許可され ていない一般食品としてのいわゆる健康食品とに分かれます。

保健機能食品には健康に寄与する効果が認められる成分が含まれているとされ、
それぞれに含まれ ている関与成分を表示することが許されています。

さらに保健機能食品の中には、いわゆる特保と呼ばれている血圧やコレステロールに関与する特定保健用食品や、
条件付き特定保健用食品などが含まれています。

一方でいわゆる健康食品は医学部外品として扱われており、法律上の明確にされた定義がありません。
サプリメントや健康補助食品などは一般食品としての健康食品のカテゴリーに含まれます。

あくまで食品として取り扱われており、具体的な病気を治す目的で使用さ れるわけではないのです。
ですから私たちの健康や体に影響を及ぼす保険機能や栄養機能などを商品に表示することが認められておりません。

最近では健康食品 が巷に多く溢れており、インターネット通販などで手軽に購入できるものも増えてきてはおりますが、
原料の純度や品質は一定でないものも存在しますので、購入する前には成分量などをご自分できちんとチェックすることも必要なのです。

健康食品はただの食品だからと軽く考えずに、国の一定の基準を満たしているものと
そうでないものがあるということを念頭に置きながら、ご自分の体質に合ったものを選んでいきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

*