食物繊維の種類と効果

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

 

食物繊維は腸のおそうじやさんとして有名ですが、食物繊維は大きく分けて2つあります。
『水溶性食物繊維』と呼ばれる、粘りがあり、保水性に優れていることが特徴です。

効果としては、糖分をゆっくりと吸収するので血糖値の上昇を抑えることができます。
また、デトックス効果があり有害物質を体から排出します。

更に、脂肪の吸収を抑え、血中コレステロールをも排出します。種類としては
果物やかぼちゃ、キャベツに含まれるペクチン、こんにゃく等のグルコマンナン
海藻等のぬめり成分のフコイダン、アルギン酸も『水溶性食物繊維』となります。

また、『不溶性食物繊維』と呼ばれる水に溶けにくい繊維質があります。

こちらは、水分を保持し、便を柔らかくする効果があります。
排便を促し、発がん性物質等の有害物質を排出させる働きを持つとも言われています。

これにあたるのが、ごぼうやオクラ、大豆やりんごに多く含まれるセルロース、小麦ふすまや玄米、大豆、
ごぼうに多く含まれるヘミセルロース、水溶性にも含まれるペクチン、また、コレステロールの吸収率を抑える
働きをする成分に、ココアや、豆類、いちごやなし等に多く含まれるリグニンという成分、血圧上昇、コレステロール
値を抑制する作用のあるエビやカニの殻に含まれるキチン、キトサンという成分です。

『水溶性食没繊維』と『不溶性食物繊維』はどちらも必要でそれぞれ効能が違います。

これらをバランスよく、だいたい1:2のバランスで摂取することが望ましいとされています。
現代人の食生活の変化により食物繊維の摂取量が減少しています。

和食のおかずには食物繊維がたくさん含まれ簡単に食物繊維を摂取することができます。
ひじきや煮豆はぜひに一品加えたいものです。また納豆はそれだけで摂取量が増やせますので、忙しい方には強い味方になりますね。

腸の環境をよくすることが、体全体の健康につながりますので、
日常の食事は偏らないように工夫し、足りない分は食物繊維サプリを摂るのも選択肢の1つです。

そしてこの2種類の食物繊維をたくさん取り入れ、病気にならない体づくりを心がけましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*